イタリア工房 Bottega"S" (ボッテガ・エッセ)イタリア製手作り工芸品・雑貨

カートの中身

カートの中に商品はありません

カートの中身を見る

店長コーナー

店長の岡本です

イタリアはトスカーナやウンブリアの工房で働く日本人の職人さん達とのコラボから生まれたサイトです。職人さんたちが心をこめて手作りしてもらった商品ばかり、素晴らしい出来栄えを是非ご覧頂きたいと思います。

新着情報、展示会のお知らせなども随時ブログに書いています。ブログもご覧くださいね!

店長日記はこちら

Feed

プレゼント用のギフトラッピングも承っています!
イタリア製包装紙とリボンで包んでお届けします。
営業時間
平日10〜12時、14〜17時
(土日祝日休み)

但し、土日祝日、時間外も当サイト・メールでご注文、お問い合わせは受け付けています。

03−6303−9722  mail@bottega-esse.jp

飾皿<フィオーレ>赤/楕548・235

デルータの陶器製造の歴史は14世紀にさかのぼりますが、イタリアの他の産地との比較でいえば、あくまでHand-Madeにこだわる職人仕事が中心になっていることだといえます。丁寧に、丁寧に多くの工程を経て作られること、一筆一筆丹念に描きこまれることから、商業主義にまみれない芸術性の高い作品が生まれてきます。

 一方、昔から伝わるモティーフを職人仲間で借りたり貸したり、あるいは自分なりにアレンジして新味を加えたりしながら、伝統と革新をミックスした多様な作品が生まれていることもデルータの特色だといえます。Shikgeko Fiammaさんは日本をでてから15年、デルータの土地の人としてマエストロや職人さんたちと日々研鑽を積みながら、Bottega-Esseのためにオリジナル作品を創作してくれています。(>>陶器の職人さん

 この「花と果実」を描いた楕円形の大絵皿は、まさに伝統と革新のスピリットの結晶です。大昔から繰り返し描かれてきたこの「花と果実」は、地元では「イチジク」だといわれていますが、どうもあまりイチジクには似ていないような気がします。でも、この花と実のモチーフはもはや写実を超えて、デルータの美の基準の一つになっているのでしょう。

 この作品は落ち着いた赤を下地に、全面に花と実が描きこめられ大変迫力のある作品になりました。特にこの図柄で用いられた手法は、きっちりと下絵を描いて進めるデルータ方式ではなく、軽やかな筆遣いを重視するトスカーナの技法だそうです。
モダンな色遣いとエキゾチックな文様は、広いリビングやお店の壁に掛けていただいても、皆様から注目を浴びることでしょう。




 楕円形のこの大皿は思い切って横に長く(55cm)、流線型の魚を思わせることから、Ovale da Pesce と言われています。壁に掛けても、棚においても、重厚な存在感を醸し出します。

 このシリーズの重量は2Kg弱ですので、裏面に開いている壁掛け用の穴を使ってそのまま壁に掛けていただくのがよいと思います(壁掛け用の金具では少々危険な感じがします)。とはいえ卓上に置かれることもあるでしょうから、「皿たて」も無料で同梱包いたしております。(>>付属品
型番 A1315C548