イタリア工房 Bottega"S" (ボッテガ・エッセ)イタリア製手作り工芸品・雑貨

カートの中身

カートの中に商品はありません

カートの中身を見る

店長コーナー

店長の岡本です

イタリアはトスカーナやウンブリアの工房で働く日本人の職人さん達とのコラボから生まれたサイトです。職人さんたちが心をこめて手作りしてもらった商品ばかり、素晴らしい出来栄えを是非ご覧頂きたいと思います。

新着情報、展示会のお知らせなども随時ブログに書いています。ブログもご覧くださいね!

店長日記はこちら

Feed

プレゼント用のギフトラッピングも承っています!
イタリア製包装紙とリボンで包んでお届けします。
営業時間
平日10〜12時、14〜17時
(土日祝日休み)

但し、土日祝日、時間外も当サイト・メールでご注文、お問い合わせは受け付けています。

03−6303−9722  mail@bottega-esse.jp

絵皿<オリーブ>オーバル43×19

絵皿<オリーブ>オーバル 43僉19

イタリアではお馴染みのオリーブをモチーフにした絵皿です。
オリーブの葉の濃淡が巧みに描かれ、まるで実がそこになっているかのようです。
陶器をキャンバスに見立てて描かれる写実のような絵も、彼女独自の構図によってとても軽やかでお洒落な陶絵皿になっています。

《マリア・アントニエッタ・タテッキ Maria Antonietta Taticchi について》
イタリア中部ウンブリア州ペルージャに生まれ、育ったアントニエッタは、デルータの工房で伝統的な陶器の技法を習得。その後、ペルージャの“ピエトロ・ヴァヌッチ”美術大学を卒業。
現代的で革新的なクリエイティヴな陶器をテーマに、職人、アーティスト、デザイナーとの出会い、コラボレーションの場として自身の工房“マテリアル・チェラーミカ”を活動の中心にしている。
彼女が推進する活動は大変注目されており、作品はイタリア国内外で大変称賛されています。

彼女の作品は、ウンブリア州デルータの伝統的な技法を基にしているが、彼女の独自の視点で捉えられたウンブリア州の自然、ペルージャの街などを色鮮やかに自由に描く作風はオリジナリティに溢れている。温か味のある作風は、ペルージャの街のマンマとさえ呼ばれている彼女の人柄までも表しているようです。

日本では、ボッテガ・エッセがアントニエッタの作品の唯一の販売窓口です。
型番 F0043